遺言

遺言
 

遺言とは・・・

財産を特定の誰かに遺す、あるいは相続をさせたくない相続人がいるといった希望を遺された家族に伝えるのが遺言です。遺言を残すことは、争いを防ぐばかりではありません。
相続人が迅速かつ適切に財産の処理を行うことができることにより、遺された家族にとっても有意義なものでもあるのです。

 

遺言の種類

遺言には主に次の3種類があります。

自筆証書遺言

遺言者が自筆で、遺言書の全文を記述します。代筆やワープロ打ちをしたものは無効です。また、日付と氏名が自署さていること、押印(実印である必要はありません)があることが必要です。
書き直しが容易で費用がかからず、内容を他人に知られないなどの長所がある半面、要件を欠いていて無効となったり、紛失の危険などの短所があります。また、開封時には家庭裁判所の検認が必要です。

公正証書遺言

遺言内容を公証人に確認してもらってから公正証書にする遺言です。公証人に対して手数料が発生しますが、もっとも信頼性が高く、安全な遺言方式です。
遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人の筆記した文章を、遺言者・証人が確認し、遺言者・証人の署名・押印ののち、公証人が署名・押印します。

公正証書の長所・ 短所
長所 短所
紛失の恐れが無い 費用面で最も高くつく
書式不備の恐れがない 公証役場への提出書類が発生する
法的に有効であることが明確 証人に遺言の内容がわかる
家庭裁判所での検認が不要  
上記の通り、信頼性、安全性、安定性の見地から当事務所では公正証書遺言をお勧めしています。

秘密証書遺言

遺言内容を秘密にして公正証書にする遺言です。
遺言書を作成し、自著、押印をする(文書自体はワープロ等での作成可)。その後封をして、押印のうえ封印します。
証人2名と共に、公証役場へ出向きます。公証人に遺言書である旨を口述します。公証人と証人が署名、押印します。(口述ができないときは筆談等によることもできます)
遺言が本人のものであることが証明される、あるいは内容を秘密にできる長所がありますが、要件を欠いていて無効となったり、紛失などの危険などの短所があります。また、開封時には家庭裁判所の検認が必要です。(秘密証書遺言として要件が欠けていても、自筆証書遺言の要件を具備している場合、有効な自筆証書遺言となります)

 

遺言で決めることができる事

遺言には遺言者の思いをそのまま実現する効力があります。しかしながら、すべてのことを決めることはできません。相続人を拘束することのできない事柄もあります。
遺言では財産に関することが主なものですが、そのほか、身分に関することや祭祀の承継についても遺言することができます。

その一方、例えば

などの遺言は効力はありません。
これらの事柄について故人の遺志を尊重するかどうかは相続人の自由です。

詳しくは相続・遺産分割のページをご覧ください。

身分に関することとは

などです。

祭祀の承継とは

お墓、お仏壇など先祖を祭るために用いられる財産などです。通常これらの物は分割して相続できませんので、祭祀主宰者一人だけが受け継ぐ事になります。 もちろん、それを条件として、その他の財産の相続分を増やすことも可能です。

遺言執行者とは

遺言に従って、遺言者の意志を実行する人のことです。遺言執行者は単独で遺言の内容を実現すべく手続きを行うことができます。相続人でもそれ以外の者でも、欠格者以外は誰でも遺言執行者になれます。遺言書作成時に遺言執行者を誰にするのか記載しておきます。

 

公正証書による遺言

自筆証書遺言や秘密証書遺言は、作成は比較的容易ですが、保管や有効性の点で不安な面を伴います。その点、公正証書遺言は、公証役場で原本が保管されるので、紛失の心配がありません。
そこで、当事務所では、公正証書遺言をお勧めしています。公証役場に対して手数料はかかりますが、 効力、安全性などの観点から最も優れていると言えるでしょう。当事務所では、ご本人のお気持ちを最大限に考慮し、遺されたご家がお困りにならないよう、最大限に配慮した遺言書の作成のお手伝いをいたします。

 

公正証書遺言の手続きの流れ

当事務所での面談(財産と相続人の確定)
 
公正証書遺言案の作成
 
公証役場への訪問
 
公証人による遺言内容の読み合わせ、遺言者と証人による内容の確認
 
遺言者・証人による署名と捺印
 
 

遺言の料金(公正証書、自筆証書、秘密証書共通)

  相続財産
3,000万未満 5,000万未満 1億円未満 1億円以上
遺言書案作成 63,000円 63,000〜
105,000円
105,000〜
126,000円
126,000円〜
遺言書保管 1,050円/月 1,050円/月 1,050円/月 1,050円/月
遺言執行 105,000円 157,500円 210,000円 210,000円〜
財産目録作成 *1 31,500円 42,000円 52,500円 52,500円〜

*1:不動産など鑑定や評価が必要なものについては、別途調査費が必要

公正証書遺言の場合、上記のほか、公証人手数料実費がかかります
遺言執行における実費費用は別途必要
海外財産等、特段の手続きが必要となる場合については別途御見積
尚、上記内容をすべて契約された場合、料金の割引があります。

当事務所では、フルカバーセットを契約された場合、定期的、継続的な訪問を行い、状況確認を行っていくこととしています。
これにより相続人の変更や、遺言内容の変更など継続的なフォローが可能です。

メール toiawase@kouken-souzoku.com

後見・遺言・相続の相談ならお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら

無料相談はこちら

遺言

後見・相続 用語集
無料相談|夜間・休日相談も実施中
プロフィール|行政書士すばる法務事務所 小栗利治
行政書士すばる法務事務所 小栗利治
行政書士すばる法務事務所|小栗利治のブログ

お問合せ・無料相談

行政書士すばる法務事務所
〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-10-17
セントラル新大阪1205
TEL:06-7896-7950
FAX:06-6885-6325
toiawase@kouken-souzoku.com

お問合せはこちら
無料相談はこちら

主な営業エリア

大阪府

大阪市、池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、堺市、東大阪市
およびその他大阪府

兵庫県

尼崎市、宝塚市、川西市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市 およびその他兵庫県

京都府、奈良県、滋賀県

  このページの先頭に戻る
| トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ |