成年後見制度

成年後見制度
 

成年後見制度とは・・・

認知症の方や知的障害、精神障害のある方などが、安心して暮らしていけるように権利を守り、支援するために制定された制度です。

こんなことで悩んでいませんか?

成年後見制度は、このような状況の方を保護、サポートする制度なのです。
後見制度は大きく2つに分けることができます。

任意後見

将来、判断能力が衰えたときに備えて、予め契約を結んでおきます。その後、判断能力が不十分となった時、家庭裁判が後見監督人を選任し後見がスタートします。
亡くなられたあとの財産処理なども任せることができます。

当事務所が直接お力になることができます

法定後見

判断能力の低下程度によって、3種類(後見、保佐、補助)に分けられます。家庭裁判所に申し立てを行い、決定によって後見(保佐、補助)が開始されます。すでに、判断能力に低下がみられる場合に利用する制度と言えます。

適切な方法をアドバイスし、申請の手続き方法などをご説明します
 

任意後見とは

いつから利用できるの

思い立った時から、この制度を利用できます。年齢など関係ありません。

後見人は誰に頼めばいいの?

次のうちいずれかが最も多いパターンです。
・身内の方への依頼する
・専門家に依頼する
後見人は実際の後見の仕事に加えて、裁判所などへの報告など煩雑な業務があります。
一般の方がご自身の生活と両立されることはそれなりの負担となることが考えられます。

当事務所は安心してご相談いただける任意後見専門の事務所です。

後見人を信頼して大丈夫?

後見開始時に、家庭裁判所から後見監督人が選任されます。
後見人は後見監督人に対し、業務執行の報告を行う義務があります。
国家資格である行政書士は、業務の遂行における注意義務、守秘義務など厳しい規律事項を守ることのできる専門家でもあります。

任意後見のプラン

任意後見は、実際の判断能力の低下があってはじめて機能します。しかし、実際は判断の低下は徐々に起こってくるものであり、日頃からの確認作業は必要です。又、任意後見は死後の処理を委託することはできませんので、当事務所では任意後見契約に次の契約を組み合わせることができます。これにより、後見を一層充実したものとすることが可能です。
当然、内容も自由に決めることが出来ますし、途中で変更することも可能です。

主な組み合わせ契約

見守り契約
当事務所がご本人様と定期的に連絡を取ったり、お会いしたりすることで健康や生活の状態に変化がないかを見守ります。もし、変化が発生した場合、契約で定められた手続きをとります。

財産管理の委任契約
病気などで身体の自由が利かなくなり、財産の管理ができなくなってしまったような場合、ご本人に代わって財産の管理を行います(入院費や家賃の支払い、年金の受領など)。

死後事務委任契約
ご本人が亡くなられた後に、契約内容にしたがって遺言の執行や身辺整理や葬儀の手配を行うこともできます。遺言書作成、遺言執行ももちろんサポートします。

任意後見の手続きの流れ

打ち合わせのための面談、内容のご説明など
 
契約の締結・必要書類の収集と公正証書作成の準備
 
公証人役場で公正証書の作成
法務局に登記
 
見守り契約に基づく、月々の状況確認(見守り契約締結の場合)
財産管理(財産管理契約締結の場合)
<< 判断能力の低下
家庭裁判所での後見監督人の選任
 
後見のスタート
 

任意後見のメリットデメリット

メリット デメリット
本人の意志によって、
内容を決めることが できるため、
本人の希望に沿った後見が可能
後見人に取消権が無い
 

任意後見の料金

  契約料 実費 月額費用
見守り契約 10,500円 約20,000円(公証人手数料など) 2,100円
財産管理委任契約 31,500円 約20,000円(公証人手数料など) 5,250円〜 *1
任意後見契約 105,000円 約40,000円 *2 31,500円〜 *3
死後事務委任契約 52,500円〜
*4
実費
(契約した事務の実施に必要な費用)
 

*1:管理の対象となる財産の種類や量による
*2:任意後見契約公正証書作成に関する費用
   (公証人手数料・印紙代・謄本代など)および任意後見監督人選任申立てに関する費用
   (印紙代・登記費用・切手代など)
*3:契約の内容によります
*4:委任事務の内容に応じて変化します
尚、上記内容をすべて契約された場合、料金の割引があります。

これらの契約は当事者で自由に決定することができます。 当事務所では、ご依頼者の意向を尊重し複数回の面談を実施することとしています。 ご本人の希望に沿った最善のご提案をさせていただきます。

メール toiawase@kouken-souzoku.com

後見・遺言・相続の相談ならお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら

無料相談はこちら

成年後見制度

後見・相続 用語集
無料相談|夜間・休日相談も実施中
プロフィール|行政書士すばる法務事務所 小栗利治
行政書士すばる法務事務所 小栗利治
行政書士すばる法務事務所|小栗利治のブログ

お問合せ・無料相談

行政書士すばる法務事務所
〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-10-17
セントラル新大阪1205
TEL:06-7896-7950
FAX:06-6885-6325
toiawase@kouken-souzoku.com

お問合せはこちら
無料相談はこちら

主な営業エリア

大阪府

大阪市、池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、堺市、東大阪市
およびその他大阪府

兵庫県

尼崎市、宝塚市、川西市、西宮市、伊丹市、芦屋市、神戸市 およびその他兵庫県

京都府、奈良県、滋賀県

  このページの先頭に戻る
| トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ |